6月といえば、梅雨に入りあのジメジメした期間に突入します。

梅雨が明ければ夏はもうすぐそこですが、どんよりとした空気が異様に長く感じてしまいますよね。

そんな6月ですが、やはり梅雨の期間は非常に降水確率が高く、湿度も高いです。

その環境が頭皮に悪影響を与えてしまい、抜け毛が増えるとも言われています。

果たして梅雨のどういった部分が抜け毛と関係しているのでしょうか?

梅雨は薄毛になりやすい?

梅雨は薄毛になりやすい

そんな噂を耳にしたことがあると思います。

梅雨の時期は、当然雨の日が多く、突然の雨に見舞われて髪の毛が濡れてしまうことも多いですね。

元々髪の毛が薄い場合は、髪が濡れてしまうと額にペタッと張り付いて周りにバレてしまわないかヒヤヒヤしてしまうことも。

しかし、そういった外見的な面だけでなく、頭皮環境にも影響を与えているのです。

雨に濡れると抜け毛が増える?

髪の毛が雨に濡れると薄毛になる…そんな噂が広まった理由としては、雨には「身体によくない物質」が含まれているため、それを頭皮に浴びてしまうとハゲてしまう。

といったものがほとんどです。

つまり、頭皮に影響を与える雨=酸性雨といったイメージを持っている方が多いのです。

確かにここ最近では「酸性雨」が問題になっています。

海外では酸性雨に対する取り組みとして、大気汚染条約といったものが結ばれていますね。

では、私達の環境に与える酸性雨の影響とはどういったものがあるのでしょうか。

簡単に見ていきましょう。

人間の身体 皮膚や鼻を刺激
目や喉を刺激
森林 森林は枯れる
生物が生息しなくなり砂漠化
建造物 コンクリートや銅を溶かす
銅に錆が発生

確かに大量に酸性雨を浴び続けてしまうと、皮膚を中心に影響が出てしまう可能性はありますが、抜け毛が増えるといったデータは確認されていません

雨を極力避けるに越したことはありませんが、雨が頭に少しかかったからといって大きな影響はありませんので、そこまで神経質になる必要はありません。

結論としては、雨を浴びたからといって直接的に薄毛になるわけではないのです。

だからといって雨に濡れてしまっている髪の毛を放置しておくのは頭皮には良くありません。

むしろ、これが抜け毛の大きな原因です。

大気中には、埃や塵なども含まれています。

それらを含んだ雨が降り注げば、当然私達の頭皮には塵や埃を含んだ雨が直撃します。

これを放置してしまうと、汚れが毛穴に入り込んでしまい頭皮トラブルに繋がり、最終的に抜け毛が増えてしまうのです。

まとめると、雨が直接的に薄毛の原因となるわけではありませんが、雨によって濡れてしまった髪の毛を放置してしまうと抜け毛に繋がる可能性が高いというわけです。

湿度が高いと薄毛になりやすい?

梅雨と言えば、湿度が高くなってしまうのも特徴ですね。

湿度が高くなるとモワっとして不快感が増しますが、当然頭皮は蒸れて汗をかきやすくなります。

蒸れてしまうと頭皮は皮脂を多く分泌するのです。

皮脂は頭皮には必要な存在ですが、多すぎても少なすぎても頭皮トラブルの原因になってしまいます。

さらには、湿度が高くなると細菌が繁殖しやすくなります。

髪を洗った後にそのまま寝てしまった場合なども同じ状態ですね。

湿度が高いと皮脂を餌とする細菌が頭皮で繁殖し、痒みなどを引き起こします。

これが続けば痒みだけでなく、炎症などのトラブルも発生します。

梅雨の季節は雨だけでなく、湿度が高い事も頭皮環境に影響を与えているのです。

梅雨の薄毛対策

前述した通り、梅雨の季節は雨が大量に降ったり、湿度が以上に高くなる為、日頃から気を付けておかないと頭皮環境が悪化する可能性があります。

雨対策と湿度対策について見ていきましょう。

雨対策

雨で髪の毛が濡れてしまった場合は、そのまま放置するのではなく髪をしっかりと乾かしましょう。
タオルなどを持っていると良いですね。

また、雨に濡れないようにするということも重要ですね。
仕事先に行く間際で雨に降られてしまう場合も考えられますが、やはりこの季節は傘を忘れずに持っていくことを心がけましょう。

「小雨だから傘は要らない」と思うのではなく、雨が降っていたらなるべく傘をさして行動するようにしましょう。

出先から帰ってきた際に髪が濡れてしまった場合は、髪を洗ってしまうのも良いですね。

湿度対策

湿度が高い場合は、除湿をすることで湿度をある程度コントロールすることは出来ますが、家ではなく仕事先など、働いている環境によってはそれが出来ない事もあるでしょう。

そのため、汗をかいてしまった時はこまめにハンカチ等で汗を拭き取ったりすることが大切です。

一番最悪なのが湿度が高く雑菌も繁殖しやすいこの梅雨の季節に、頭を洗わずに寝てしまうことです。

家に帰ったら、疲れていたとしてもしっかりと髪を洗って余分な皮脂を洗い流す様にしましょう。

もちろん、髪を洗った後は濡らしたままにするのではなく、ドライヤーで乾かしてから寝るようにしましょう。