私達人間の髪の毛は一日に20本~100本ほど抜けます。

特に秋は抜け毛の本数が増える時期で知られていますが、多い方で200本ほど抜けると言われていますね。

しかし、日が経つごとに元に戻っていくので心配ありません。

抜け毛の本数が多い=薄毛になる というわけではありませんが一つの目安として捉えておきましょう。

ここで注意しなければいけないのは、抜けた毛の状態です。

短い毛・細い毛が抜けてしまっている場合は、薄毛が進行している可能性があります。

短い毛や細い毛がどうして抜けるのか

短い毛・細い毛が抜けてしまうのは、髪の毛が生まれてから抜けるまでの期間(周期)が短くなっているからです。

髪の毛は基本的に生まれてから抜ける…といったサイクルを繰り返します。

これをヘアサイクルと呼びます。

つまり髪の毛が抜けるまでの期間が短くなっているのは、ヘアサイクルが乱れているサインなのです。

では、ヘアサイクルが乱れる原因とは一体何なのでしょうか?

ヘアサイクルが乱れる原因

ヘアサイクルが乱れる原因についてご紹介します。

睡眠不足

まず一つ目に睡眠不足があげられます。

髪の毛がしっかりと成長するために睡眠は欠かせません。

睡眠不足になると、頭皮の血液の流れが悪化し、髪の毛が成長しにくくなります

血液は髪の毛が成長するために必要な栄養素を頭皮に運んでいるわけですから、血流が悪化すれば、弱弱しい髪の毛が生えて来る可能性は高くなります。

また、ヘアサイクルには

  • 成長期
  • 後退期
  • 休止期

といった3つの期間が存在します。

文字通り、「成長期」に髪の毛の細胞が分裂して髪の毛が育ちます。

そして、髪の毛が最も成長する時間帯は、21:30~深夜2:00頃

つまり、この時間帯に布団に入って充分な睡眠が出来ていないと髪の毛が成長しにくくなってしまうのです。

しっかりと逞しい髪の毛を生やすためには良質な睡眠が必要です。

食生活の乱れ

もう一つ目は、食生活の乱れです。

特に脂っぽい食事を頻繁に摂っている方は要注意です。

毛根を包んでいる袋状の組織には「皮脂腺」という物が存在しています。

これは体毛や皮膚をなめらかな状態にするための皮脂を分泌する腺ですね。

高脂肪の食生活をしていると、この皮脂腺が肥大化します。

皮脂腺が肥大化してしまうと、異常に皮脂が分泌されてしまい、頭皮環境が悪化

そこからヘアサイクルが乱れる場合があるのです。

カップラーメンやスナック菓・揚げ物をはじめとしてジャンクフードを摂取しすぎてしまうのは良くありません。

甘いものの摂りすぎにも注意ですね。

積極的に野菜・魚などから、ミネラルやビタミンを摂取しましょう。

男性ホルモンの乱れ(AGA)

そして男性ホルモンの乱れです。

食生活や、睡眠不足に関しては自分でコントロールが利く部分ですが、男性ホルモンは自身の意志でどうにかすることは不可能です。

ホルモンが乱れて異常分泌されてしまうと、AGAを発症する可能性があります。

男性ホルモンの中には

  • テストステロン(男性ホルモンの一種)
  • 5αリダクターゼ(酵素)

という物が存在しています。

この二つが体の中で結合すると「DHT」という悪性のホルモンに変化します。

DHTは脱毛ホルモンとも呼ばれていて、毛乳頭にこのホルモンが付着すると、髪の毛の細胞の働きを低下させてしまい、ヘアサイクルが乱れるのです。

  • 「睡眠不足」
  • 「食生活の乱れ」
  • 「男性ホルモンの乱れ」

この中で一番注意しなければいけないのは、三番目の男性ホルモンの乱れ(AGA)です。

原因が分からないままにしておくと、将来的に薄毛になる可能性も出て来るため、短い毛・細い毛が抜けてしまった場合には、まずAGAにかかっていないかを疑った方が良いです。

AGAの場合

AGAを発症していた場合、髪の毛の細胞を低下させることによって、短く細い状態で髪の毛が抜けてしまうのですが、それは「食生活」・「睡眠不足」の非にならないほど顕著に表れます。

AGAの場合には、いきなり薄毛になるのではなく、徐々に徐々に髪の毛が細く、弱弱しくなってしまいます。

そして、生え際や頭頂部の毛の量がどんどん少なくなっていき、薄毛になるわけです。

もし、AGAにかかっていることを知らずに過ごしてしまった場合は、どんどん薄毛は進行し、将来的には薄毛になる可能性が非常に高いです。

AGA対策

睡眠不足や食生活を改善したとしても、AGAを治すことは難しいです。

さらにいえば、シャンプーを替えたり、発毛促進剤を使用しても、完治させる事はまず無理でしょう。

医学的にAGAは病気として認められていませんが、薄毛で悩んでいる方の人数や、これからの人生を左右するということを考えれば、男性の病気といっても過言ではありません。

最近、短い髪や細い髪が抜けていることに気づいたり、髪が少し薄くなってきたと不安に感じたら、AGAクリニックで専門の先生にカウンセリングを受けましょう。

薄毛を防ぐためには、まず自分の頭皮・髪の状態を知る事が一番です。