手軽に髪の毛のボリュームをアップする方法として「増毛ふりかけ」という選択肢があります。

瞬時に髪の毛が生えたかのような効果を得られるというのは非常に魅力的ですが、「バレないか」と言う点が心配です。

果たしてバレずに使用し続けることはできるのでしょうか?

薄毛を隠すためのパウダーとは?

巷では「増毛ふりかけ」と呼ばれている商品です。

スーパーミリオンヘアー」などが有名ですね。

薄毛になっている部分にパウダーをふりかけることで、頭皮が見えにくくなり、まるで髪の毛のボリュームがアップしたかのようになる魔法のパウダーです。

頭部にふりかけるだけ…というシンプルな方法なため、利用を考えている方も少なくありません。

スーパーミリオンヘアーが有名

増毛ふりかけと呼ばれる商品は多く出回っていますが、中でも特に有名な商品といえば「スーパーミリオンヘアー」です。

気になっている部分にふりかけるだけで、特殊加工された繊維が静電気によって髪に付着

キャッチコピーにあるように髪の毛が生えてきたかのような仕上がりになります。

ふりかけることで、髪の毛にパウダーがついて、よりボリュームがあるように見えるということです。

原材料としては、植物系繊維が使用されています。

意外にバレやすい

薄毛を隠す上で一番重要と言っても過言ではないのが「バレないか」という点です。

ふりかけはカツラとは違い、今ある髪の毛にパウダーを付着させる方法ということから、風や雨などの影響があっても「気づかれにくい」のではないかと思われがちです。

確かにカツラと比べると不自然さが緩和されているため、一瞬でバレるといったことは少ないです。

少し髪の毛が少なくなった状態・髪の毛が細くなった状態」であれば髪の毛自体にパウダーが付着して、量が多くなったかのように見せる事はできます。

しかし、近くで頭皮を見られた場合はかなり気づかれる確率が上がります。

髪の毛が薄くなっている場所にふりかけても、全体的に髪のボリュームバランスを調節する事は難しく、不自然な状態に仕上がる可能性があります。

さらには、不自然なほど真っ黒になっている髪の毛の色や、艶のない仕上がり

髪の毛のバランスを頑張って仕上げたとしても、至近距離で見られてしまってはすぐに気づかれる可能性は高いです。

すぐにボリュームアップができる効果とは裏腹に意外にもバレやすい特徴があったのです。

薄毛が進行してしまっていると難しい

しかし、「薄毛が進行して頭皮がかなり目立っている状態」ですとかなりバレやすくなります。

パウダーが地肌に付着してしまい、モワっとした毬藻のような仕上がりになります。

こうなってしまうとすぐに気づかれてしまいますし、効果的であるとは言えません。

誰でも簡単にボリュームアップができると思われがちですが、薄毛の進行具合によって使用できるかどうかは変わってきます。

注意点

パウダーを使う上で避けなけらばならない事が何点かあります。

  • 雨に注意
  • 温泉やプールに行くときは注意
  • 髪を触られないように注意

雨に注意

パウダーを使用する上で雨は大敵と言っても良いでしょう。

以前に比べて技術が進んだことにより多少の雨などにはあまり干渉を受けなくなりましたが、やはり垂れてきてしまうような量の水分が付着すると、パウダーも雨水と共に髪の毛から流れてしまいます。

温泉やプールに行くときは注意

雨同様に、温泉などに行くときも注意が必要です。
誰かと一緒に行く場合は、頭が濡れないように工夫する必要がありますし、頭を洗ってしまった場合にはパウダーも流れてしまいますので、タオルを頭に乗せて隠す必要も出てきます。

髪を触られないように注意

一番注意しなければならないのが髪の毛に触れられてしまうことです。
至近距離で見られるとバレやすいという事に付け加えて、頭を触られたりすれば相手の手にパウダーが付着して一瞬でバレてしまいます

薄毛を隠すことは悩みの解決にはならない

増毛パウダーの特徴や注意点について説明してきましたが、手軽に利用できるという反面、「意外にもバレやすい」と言う点や「自分のしたいことが出来ない」というデメリットもあります。

そして「薄毛を隠しても根本的な解決にはならない」ということが言えます。

急な雨に怯えながら、好きな事もできないのは悩みの解決にはなっていません。

本当に薄毛の悩みを解決するためには、AGA治療を考える必要があるでしょう。

もしAGAを発症していたとすれば、薄毛はどんどん進行し、増毛ふりかけでは対処できなくなります。

これから髪の悩みを解決したいのであれば、自分がなぜ薄毛になっているのかを知る必要があるのです。