taimou

体毛が濃い人間は「ハゲる」といった噂を聞いたことはないでしょうか?

不思議なことに同じ人間でも体毛の濃さには個人差があり、生まれた時から受け継いでいるものをいきなり薄くするということは困難です。

「髭が濃かったり、腕の毛が濃かったりすると将来ハゲるらしい」といった噂を聞いてしまうと非常に不安になりますよね。

自身の体毛が濃い上に、最近髪の毛が薄くなってきたと感じている方は尚更心配になると思います。

果たして体毛が濃いとハゲるというのは本当なのでしょうか?

噂が広まった理由

「体毛が濃いとハゲる」といった噂は一体なぜ広まってしまったのか。

噂の原因には「男性ホルモン」がありました。

そもそも、体毛が濃い理由は「遺伝」も大きく関係していますが、「男性ホルモン」が影響をもたらしています。

男性ホルモンの分泌が多いと髭や体毛の毛が濃くなるということが分かっています。

さらには、薄毛と男性ホルモンにも深い関係があります。

そのため

「男性ホルモンの分泌が多いと体毛が濃い」→「男性ホルモンが多く分泌されるとハゲる」

といった流れで「体毛が濃いとハゲる」という噂が生まれたのでしょう。

噂は本当なのか?

自分自身の体毛が濃い場合、将来を考えると心配になると思いますが、体毛が濃いからといって将来ハゲるといった科学的根拠はありません。

確かに男性ホルモンと薄毛には大きな関係があるため、体毛が濃いとハゲるのではといった考えになりやすいとは思いますが、直接男性ホルモンがあなたの髪の毛を少なくするわけではないのです。

ただ、周りの方を見てみると、体毛が濃くてもフサフサの人、体毛が濃くて薄毛の人も居ますよね。

後者の場合はAGAにかかっている事を疑った方が良いでしょう。

AGAとは?

AGAにかかるとヘアサイクルが乱れることで薄毛が徐々に進行します。

そして最終的にはハゲてしまう病気です。

このAGAという病気に男性ホルモンが関係しているのです。

男性ホルモンが直接的に薄毛を誘発させるわけではないと前述しましたが、私達の体から分泌される男性ホルモンの一種「テストステロン」と還元酵素「5αリダクターゼ」が結合する事によって「DHT」と呼ばれる悪性のホルモンが生み出されます。

このDHTが毛乳頭細胞に付着してしまうことで、髪の毛が十分に育たなくなり、太く成長する前に抜け落ちてしまうのです。

体毛が濃くなる

AGAにかかると体毛が濃くなるという特徴もあります。

「今までは体毛が薄かったのに、いきなり濃くなって髭を剃る回数が増えてしまった」

という事に加えて薄毛の進行が始まります。

そのため「体毛が濃いとハゲる」というお話は完全に否定することができないのです。

逆に言えば、元々体毛が薄かったのに最近になって体毛が濃くなったと感じている方は、AGAにかかっている可能性もあるため注意が必要です。

体毛が濃いとハゲる噂は半分当たっている

「男性ホルモンが多いと体毛が濃い」

「男性ホルモンが多いとハゲる」

「つまり体毛が濃い人間はハゲる」

といった流れで噂が広まったと考えられるとお伝えしました。

しかし、男性ホルモンが直接的に薄毛を引き起こしているわけではなく、男性ホルモンと酵素が結合した結果ヘアサイクルが乱れて薄毛が進行するのです。

ただ、AGAにかかると体毛が濃くなるという特徴もあるため…

「体毛が濃いとハゲる」と言う噂は半分当たっているといっても過言ではありません。

元々体毛が濃い方も、最近になって体毛が濃くなったと感じている方も、AGAを発症している場合は放置してしまうと薄毛はどんどん進行していきます。

体毛もそうですが、なにより髪の毛のボリュームが気になってきたと感じた場合は、専門のAGAクリニックでカウンセリングを受けることをオススメします。