冬を越えて暖かくなってくるのは過ごしやすいですし、気分も高まってくるのですが、それに伴って花粉が増え始まるのもその時期ですよね。

花粉が飛び始まる時期になると花粉症の方は憂鬱になりがちかと思います。

くしゃみは止まらなくなりますし、鼻水のかみすぎで鼻がティッシュで擦れて痛くなってしまったりと非常に厄介な存在です。

これだけでも本当に迷惑な存在なのですが、なんとこの花粉が抜け毛にも関係しているというのです。

花粉症と抜け毛にはどんな関係があるのか?

花粉症と言えば、くしゃみが止まらなくなったり、目に痒みが出たりと生活する上で大きな支障をきたす症状ですね。

スギやヒノキなどの花粉が原因となる病気です。

大切な会議や仕事がある中で花粉症の状態が続いて大変な思いをした経験がある方もいらっしゃるかと思います。

花粉症のイメージは大体このような感じですよね。

しかし、頭皮とは関係ないと思われがちな花粉症が抜け毛に影響する場合もあるのです。

花粉症のメカニズム

花粉症の原因となる物はご存知の通り、スギやヒノキなどの花粉です。

私達の体は、主に呼吸などで花粉を吸い込むことで体内にそれらが侵入してきます。
この際に体が花粉を「体内に入り込んでも問題ない存在」もしくは「排除するべき存在」かどうかを判断します。

もしも体が花粉に対して「排除すべき存在」と判断した場合は、花粉と反応する物質を作り出し始めるのです。

これがすなわち花粉に対する抗体「lgE抗体」と呼ばれる物質なのです。
この抗体は鼻や目などの粘膜にある細胞の表面に作り出されます。

それ以降花粉が体内に侵入してきた場合は、花粉に対する抗体が花粉を外に排出しようと反応するのです。

だから、花粉症の方は花粉が出始める時期になるとくしゃみが止まらなくなってしまうんです。

では、こういった花粉に過敏反応をしてしまう花粉症がなぜ抜け毛と関係しているのでしょうか。

花粉で頭皮に痒みがでる

花粉が付着する場所は、鼻や目の粘膜だけではありません。

花粉は風に流れて空気中を大量に飛散しているわけですから、日中露出している手や足などにも付着するのは言うまでもありません。

花粉が手や足に着くことでアレルギー症状を起こして肌が痒くなってしまうといった方は春先になると多くなってくるのですが、頭皮に痒みを訴える方も少なくありません

これが花粉症が抜け毛に繋がる原因だったのです。

掻くと頭皮が傷つく

花粉によってアレルギー症状が出ただけでは、抜け毛に直接大きな影響はあるとはいえませんが、痒くなって頭皮を強く掻いてしまうことが問題なのです。

痒み自体には個人差があるため、そこまで強い痒みにならない方は掻きむしるような事はしないかと思いますが、もし強い痒みが現われてしまったら、爪を立ててしまう可能性は高いですよね。

最初の内は我慢できていたものの、繰り返される痒みに苛立ちを感じてしまったときなどは、ついつい強く掻いてしまうといった声もあがっています。

これによって頭皮が傷ついてしまうのです。

頭皮が傷つくことによって発疹や炎症が引き起こされて、毛根の劣化に影響を与えてしまいます

そういったことから頭皮環境が悪化し、髪が細くなったり、抜け毛が増えてしまったりするのです。

こういった花粉による頭皮の痒みを防ぐためにも、外に出かけた場合は、必ずお風呂に入って頭皮の汚れを洗い流すということが必要です。

仕事などで疲れてしまってお風呂を後回しにしてしまう気持ちも分かりますが、そのまま寝てしまうと痒みがひどくなってしまう可能性もあるので注意してください。

抜け毛が増えた理由は本当に花粉症?

花粉によって頭皮にもアレルギー反応が現われて、結果的に抜け毛が増えるケースは存在しますが、果たしてあなたの抜け毛が増え始めたのはそれだけが原因なのでしょうか?

抜け毛や薄毛に悩む男性は、世界中にいらっしゃいます。

その髪に悩んでいる方の多くは

現在使っているシャンプーが合っていないのではないか

生活リズムが不規則になっているから最近抜け毛が増えているのではないか

などといった様々な原因を模索しています。

髪に関する悩みは他人には話づらいということもあり、個人の力で原因を探っている方は非常に多いです。

たしかに今回のテーマである花粉が頭皮に影響を与えるというのも事実ですし、生活環境が抜け毛に関係している場合もあります。

しかし、自分の力だけで原因を探っている方に多いのが、知らないうちにAGAを発症していたというケースです。

AGAを発症すると花粉症なども関係なしに抜け毛が増えていき、最終的にはどんどん薄毛が進行していってしまいます。

自身の花粉症が抜け毛の原因であることを疑うことは、今後の薄毛を防ぐことにとって重要なことですが、薄毛を防ぐのであれば何よりも自分がAGAを発症していないかを知る事が大切です。