世の中には、様々な仕事が存在しています。

昔に比べると、どんどん業種が増えていくと同時に、働く時間帯も幅が広がりました。

その中でも「夜勤」をしている方は、日勤の方と比べると抜け毛が増える可能性が高いという事が言われています。

果たしてそれは本当なのでしょうか?

夜勤を続けていると抜け毛が増える?

夜勤や交代勤務で働いている方は、日勤の方と比べると薄毛になりやすいです。

夜に働くわけですから、人間に備わっている体内リズムに影響を及ぼすのは言うまでもありません。

夜勤を続けるにあたって、以下のような症状が現れます。

自律神経が乱れる

私達の体内に存在する自律神経は

交感神経」と「副交感神経」から成り立っています。

交感神経は日中の間、主導権を持っており、体の各器官に指示を下しています。
体を活発に活動させるときに働く神経が交感神経です。

そして、副交感神経は夕方を境にどんどん活発になっていき、交感神経と主導権を交換します。

副交感神経は交感神経と逆の働きをします。
主に食事をしている際や、寝ている時・リラックスをしている時ですね。

通常の生活リズムをしていれば、正常に自律神経が働くのですが、夜勤を続けることによって、自律神経は乱れていってしまいます。

そうすることによって、「血行不良」「不眠」「肩こり」その他にも頭痛めまいなどの症状が起こります。

自律神経の乱れは「血行不良」「不眠」など髪の毛の成長に大きく影響しているのです。

質の良い睡眠をとることが大切

生活リズムが不規則になってしまうと、質の悪い睡眠になる可能性が非常に高くなります。

睡眠の質が悪くなってしまうと、髪の毛は十分に育たなくなります

人間は寝ている間に成長ホルモンが分泌されます。
そして細胞分裂が活発になる事によって、髪の毛は成長するのです。

髪の毛の成長に大きく関わっているのが睡眠
その睡眠の質が悪くなってしまうと、当然髪の毛も育ちにくくなってしまうということです。

病気にかかっている可能性もある

夜勤や、交代勤務の職業をしている2割の方が「交代勤務睡眠障害」という病気になっているというデータが存在します。

この睡眠障害にかかってしまうと

寝つきが悪くなる

やっと寝られたと思ったのにすぐ目が覚めてしまう

寝て起きても疲れがとれない

といった症状が現れます。

生活リズムが不規則になり、自律神経や体内のホルモンバランスが乱れてしまうのが、この障害の原因の1つであると言われています。

薄毛の進行は本当に夜勤だけが原因なのか?

薄毛を改善するためには、今までの生活習慣を少しでも正すことが大切ですが、仕事を続けていく上でその部分をすぐに変更するというのは、どうしても難しいと思います。

確かに夜勤・交代勤務などをしていると、自律神経が乱れがちになってしまい薄毛や抜け毛の原因の1つにはなってきます。

生活習慣は抜け毛に関係しているため、今後はどうしていけば良いのか考え無くてはいけませんが、何よりもあなた自身がAGAになっていないのかを知る事が重要です。

生活習慣よりも、AGAは抜け毛・薄毛に最も関係しています。

例え、生活習慣を改善することが出来たとしても、AGAになっていた場合は、そのまま放置していても薄毛は進行していくばかりです。

AGAクリニックでは、髪に対する悩みや相談をはじめ、自分がAGAになっているのかを無料でカウンセリングしてくれます。

現在進行で薄毛に悩んでいる方はもちろん、将来的に自分は薄毛になりやすいのかを気にしている方にとって、心強い存在になってくれるでしょう。

まずは、あなた自身がAGAになっているかどうかを知り、適切な治療・予防をすることが「薄毛・抜け毛」を防ぐために一番大切なことです。