抜け毛の大きな原因には、男性ホルモンが関係している可能性が高いです。
男性ホルモンが異常に分泌されることで、ヘアサイクルに悪い影響を及ぼし、薄毛や抜け毛に繋がってしまうのです。

こういった抜け毛に関して特に悪影響を与えるのが「ジヒドロテストステロン(DHT)」ですね。
このDHTを生成する存在こそ5aリダクターゼなのです。

では「5aリダクターゼ」とは一体何なのでしょうか?

5aリダクターゼとは?

5aリダクターゼとは、毛根付近から分泌される酵素の一種です。
この5aリダクターゼがテストステロンと結びつくことで、悪性の男性ホルモン「ジヒドロテストロン(DHT)」に返還する働きを持っています。

DHTはテストステロンに比べると10倍~30倍も強い活動力を持っているとされており、頭皮や乳毛頭に悪い影響を及ぼします。

DHTは乳毛頭の受容体と結合し始めると、髪の細胞はだんだんと活動を低下
こうなると脳は髪の毛に対して「これ以上栄養は必要ない。髪の毛をもう作らなくてよい」と判断します。

その結果、髪や頭皮に流れる血が少なくなってしまい髪が充分に成長をする前に抜けてしまったり、最終的には発毛する髪の量すらも減っていきます。

DHTは男性ホルモンの一種ですが、若ハゲや薄毛に繋がる非常に悪い存在ということから「脱毛ホルモン」とまで呼ばれています。

つまり、このDHTに変換させる働きを持っている5aリダクターゼは、AGAの引き金となる酵素というわけです。

Ⅰ型とⅡ型の違い

5aリダクターゼには種類が存在します。

種類は2種類で「Ⅰ型」と「Ⅱ型」です。

Ⅰ型5aリダクターゼ

Ⅰ型5aリダクターゼは毛根の皮脂腺に多く存在しており、脂性タイプの方に多いと言われています。

前頭部からじわじわと進行してくるのが特徴で、最終的には頭頂部からも進行が始まります。

Ⅱ型5aリダクターゼ

髪の毛を作り出す上で重要な部分である乳頭毛にⅡ型は多く存在しており、髭や体毛が濃いタイプの方に多いと言われています。

主に、生え際や頭頂部などの場所に存在しています。

また、AGAにおいてⅠ型よりもⅡ型からの方が髪の毛は強力な影響を受けることが分かっています。

Ⅱ型5aリダクターゼからの影響を受けていない人間は、薄毛などの脱毛症が極めて低いということ。

頭頂部の薄毛や、生え際の後退など、まさにAGAの特徴的な症状がある場合は、Ⅱ型5aリダクターゼを抑制した方がそれらの改善に大きく繋がるということ。

Ⅰ型とⅡ型には上記のような結果もあります。

さらにⅡ型5aリダクターゼは、薄毛やハゲになりやすい頭頂部や前頭部に現れます。
Ⅰ型とⅡ型どちらともヘアサイクルに影響を及ぼすことは間違いないため、それらに対策をしていくことは大切ですが、大きく影響が出るⅡ型の対策を重点的にすべきなのです。

さらには、Ⅰ型とⅡ型の両方を抑制してしまうと、自身はどちらのタイプだったのかが分からなくなってしまうといった理由もあります。

では、どうやって5aリダクターゼに対抗していけばよいのでしょうか?

5aリダクターゼを抑制する成分は?

5aリダクターゼを抑制する成分は存在します。

5aリダクターゼの働きを抑制するのに有効とされている成分は

「ノコギリヤシ」と「亜鉛」です。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは、男性型脱毛症の他に、前立腺肥大の治療に用いられることで知られています。
5aリダクターゼの働きを阻害するとこで、DHTの分泌を抑制する効果が期待されています。

Ⅰ型とⅡ型両方に対して効果があるのも特徴ですね。

ノコギリヤシには「オクタコサコール」と「βシトステロール」という成分が含まれています。
これらが男性型脱毛症を持つ方に有効であるとされています。

オクタコサコール

このオクタコサコールという成分が何故脱毛症に効果があるのかという事に関しては、まだ完全には判明していません。
しかし、前立腺肥大はDHTによって起きて来ることが分かっており、それに対してオクタコサコールは効果的なことが分かっています。

つまり、オクタコサコールは5aリダクターゼや男性ホルモンの働きも抑制する力があるのではないかと考えられているというわけです。

この他にも、酵素を活性化し、グリコーゲンを効率的に所費することでエネルギーをより多く作り出す働きを持っているということが分かっており、コレステロールの抑制などにも効果が期待されています。

βシトステロール

βシトステロールには、男性型脱毛症の治療に有効であったという研究結果がアメリカで発表されています。

その発表とは、βシトステロールが5aリダクターゼの働きを阻害する効果があったという内容でした。

副作用

男性型脱毛症で悩む方には、フィナステリドの使用を考えている方は少なくありません。
しかし、副作用が懸念されているのも事実です。

ノコギリヤシはフィナステリドと比べると副作用がありません。
このノコギリヤシ自体は主に北米大陸、メキシコなどで産まれる植物です。

ドイツやフランス等でも数十年前から食料・医薬品として利用されてきました。
そのため安全性が高いのも特徴と言えるでしょう。

亜鉛

亜鉛にも5aリダクターゼを抑制する働きがあります。
フランスの研究実験でも、亜鉛とアゼライ酸を組み合わせて使用した場合、5aリダクターゼの働きを9割り以上阻害することに成功したそうです。

また、髪の毛が主にどんな成分で出来ているかご存知でしょうか?

そうです。
ケラチンというタンパク質で髪の毛は作られています。

このケラチンを作る上で人間の体は亜鉛を必要としています。
どんなに頭皮環境が良い状況でも亜鉛が足りていないと髪の毛をつくる事ができなくなってしまい、薄毛や脱毛に繋がってしまう可能性があるのです。