髪の毛をセットするのに必要な「ワックス」や「ジェル」といった整髪料。
最近では昔と比べてキープ力が高く、長時間髪型を保つのも容易になった商品が多く販売されていますね。

オシャレに気を使っている方はもちろん、仕事の都合上、髪型をセットしなければならない方にとって整髪料は大変便利な存在です。

しかし、正しい使い方をしなければ、整髪料が頭皮環境に悪い影響を与えてしまい、結果的に抜け毛に繋がってしまう可能性が高くなります。

ワックスやジェルが抜け毛に関係しているのは事実である

ワックスやジェルを開発している多くは製薬会社です。
そのため、頭皮への悪い影響は中々イメージできないかと思います。

ワックスだけでは大して頭皮に影響は無いだろう

いいえ、整髪料が抜け毛に関係しているのは事実です。
正しく使わないと将来的に薄毛に繋がってしまうリスクが高まってしまいます。

ワックス・ジェルに含まれている成分

どうして整髪料が髪の毛に影響を与えてしまうのでしょうか。
まずは、それらに含まれている成分を知っておきましょう。

ワックスやジェルの目的は、髪の毛を固めたり、コーティングすることです。
そのため市販されている多くの整髪料には「油分」や「コーティング成分」が入っているのです。

その中に「界面活性剤」という成分も含まれています。
シャンプーにも含まれていることが多いため、耳にしたこともあるかと思います。

界面活性剤が持つ特徴は「タンパク質を壊してしまう」ことです。

髪の毛は主にタンパク質で構成されています。
そこにこの界面活性剤を使うことによって、タンパク質は破壊されてしまいます。

その結果、髪の毛は傷付いてしまい、細くなってしまうのです。

整髪料が髪の毛に悪い影響を与えるのは「界面活性剤」が主な原因ということです。

頭皮につくと抜け毛の原因に…

ワックスやジェルを使う際に誰もが「上手くセットしたい」と思いますよね。

ワックスなどは、毛先につけて使用するよりも、髪の毛の根元につけた方がキッチリ髪型をセットすることができます。

髪型は上手くセットできますが、当然そういった使い方をすると、整髪料が頭皮に付着する可能性が高くなってきます。

これが抜け毛の原因だったのです。

ワックスやジェルが頭皮に付着してしまうと

  • タンパク質が奪われて頭皮環境に悪影響が起きる
  • 毛穴が詰まってしまい、フケやかゆみなどの頭皮トラブルが起きる

その結果、抜け毛に繋がっていく恐れがあるのです。

ワックスやジェルを使用する場合は、スタイリング時にあまり頭皮の近くにつけないように気を付ける必要があります

ワックス・ジェルをつけたまま寝るのは絶対NG

時間が経過すると髪に付着したワックスの状態は悪化していきます。
ワックスやジェルを使用した日は、絶対髪を洗ってください。

そのまま寝てしまった場合、髪の毛と枕で圧力がかかり、頭皮にワックスがこびりつきます。
その結果、頭皮が詰まったりワックスに雑菌が発生してしまい、頭皮に大きな悪影響を及ぼしてしまいます。

できることなら、長時間に渡ってワックスをつけるのも避けたほうが良いでしょう。

疲れてしまってそのまま寝てしまい気持ちも分かりますが、髪の毛を守るためにも、絶対にお風呂に入って洗い流してくださいね。

→AGA・薄毛の見分け方!当てはまっていないかチェック

ワックス・ジェルを使って薄毛にならないために

wax1

これまでワックスやジェルが髪の毛・頭皮に悪影響を及ぼす可能性があるという事をお伝えしてきました。

頭皮への影響を考えるのであれば、使用しないことがベストです。

しかし、身だしなみを整えたり、オシャレをするために整髪料は必要な存在です。

それらを踏まえて、頭皮に悪影響を与えないようにするためには以下の3つを守るようにしてください。

つけすぎない

ワックスを使う上で大切なのは、適量であることです。
つけすぎてしまうと髪への影響も大きくなってしまうため、使う量に気を付けましょう。

頭皮につかないように正しく整髪する

髪の根元にワックスを使うことで、自分の思ったようにスタイリングか決まるといった利点がありますが、頭皮にワックスが付着してしまう恐れがあるので、毛先付近に使用するなど正しく整髪しましょう。

丁寧に洗い流す

疲れて家に帰ってくるとお風呂に入る事が「めんどくさい」「明日でいいや」と感じてしまうことがあると思いますが、ワックスを使用した日は絶対に髪を洗ってくださいね。

髪に付着したワックスを綺麗に落とすために、ゴシゴシと力強く洗ってしまいがちですが、そういった洗い方では頭皮が必要としている潤いまで落としてしまう事になりかねません。

髪を洗う際には、丁寧に洗い流すことを心がけましょう。