「石鹸シャンプーは頭皮に良い」

こんなことを聞いたことがあるかもしれません。

でも反対に、「石鹸シャンプーを使ったら抜け毛が増えた」と言う人もいます。

意外だと感じるかもしれませんが、石鹸シャンプーの特徴を知っておかないと、人によっては使うことで逆効果になる場合もあるのです。

石鹸シャンプーとは?

石鹸シャンプーと聞くと、日ごろから良く見るあの石鹸の形をイメージするかと思いますが、固形だけではなく液体タイプの種類も存在します。

では、一体石鹸シャンプーとは何なのか?

石鹸とは元々、動物や植物の油脂を使用した、界面活性剤の一種です。
その石鹸に使われている成分を配合して作られたものが、石鹸シャンプーなのです。

主な成分として、石けん素地や、カリ石けん素地をはじめとした、脂肪酸ナトリウムなどが含まれています。

石鹸シャンプーの特徴

石鹸シャンプーは、弱アルカリ性ということもあり、肌に対してとても刺激が低いことでも知られています。
そのため、お肌に気を使っている方でも安心して使用できると言うメリットがあります。

天然素材を使用して作られたシャンプーということもあり、頭皮にも髪の毛にも優しいイメージを抱いた方も多いのではないでしょうか。

そして、なんといっても注目すべき点は、高い洗浄力です。
いつも頭皮が脂っぽくなってしまいがちな方でも、石鹸シャンプーの高い洗浄力で、余分な皮脂をサッパリ綺麗にすることができるでしょう。

「肌に優しい上に、洗浄力もあるこの石鹸シャンプーを使えば、今まで使っていたシャンプーよりも頭皮の状態はどんどん良くなっていくのではないだろうか。」

「今使っているシャンプーを閉まって、これからはこの石鹸シャンプーに切り替えようか。」

果たして、それだけの情報でこのシャンプーを使い続けるとどうなるのでしょうか?

洗浄力が高いことで抜け毛の原因になることも

 

天然由来の成分を使用して作られた石鹸シャンプーは、弱酸性のため肌に優しい。
その上、高い洗浄力までも持っている。

これだけを見ると、石鹸シャンプーは利点しか存在しない、まるで魔法のアイテムの様に感じます。

しかし、「肌の弱い人でも安心して使えるし、頭皮も綺麗になる」といった特徴の裏側には、ある欠点が隠されていました。

もちろん石鹸シャンプーは弱酸性のため、刺激が少ないのは事実ですが、洗浄力の高さが頭皮のトラブルに繋がってしまう可能性があるのです。

石鹸シャンプーを使うことで、皮脂を綺麗にしてくれるのは大変良いことなのですが、その洗浄力の高さゆえに、頭皮に必要な分の皮脂まで洗い流してしまうといったことがあります。

必要以上な皮脂というものは頭皮に良くありませんが、ある程度は頭皮に潤いが必要です。

高い洗浄力のあるシャンプーなどで、皮脂を根こそぎ落としてしまうと、頭皮が乾燥を起こします。
それによってフケが増えてしまい、皮脂の過剰分泌が起こり、最終的に抜け毛が増えてしまうといった頭皮トラブルの原因にもなってしまうのです。

上記でもお伝えした通り、元々頭皮が脂っぽい方には良いかもしれませんが、頭皮が乾燥しやすい方には向いているとはいえません。

良い頭皮環境とは?

石鹸シャンプーを積極的に使い続けたからといって、今よりも頭皮環境が良い方向へと向かっていくとは一概には言えません。
むしろ、頭皮の状態を考えずに使い続けてしまうと、それが薄毛の原因にもなりかねません。

では一体、良い頭皮環境とはなんなのか?

それは

  • 頭皮が清潔な状態であること
  • 頭皮の乾燥を防ぐこと

この2つが良い頭皮環境の条件です。

どちらかが欠損してはいけません。
良い頭皮環境を作っていくには両方の条件をを満たしている必要があるのです。

石鹸シャンプーは、天然素材を使っていると聞くだけでも、従来のシャンプーと比べると肌に優しく、頭皮のトラブルになりにくい様なイメージを持たれる方が多いです。

もちろん愛用している方も多く、石鹸は古くから使用されてきたという事実もあるため、なんとなく良さそうだから使ってみようと思いがちです。

あなたの頭皮はどんな特徴を持っていますか?

「日頃から頭皮がちょっと脂っぽくて、シャンプーする時は綺麗サッパリと洗い流したい」

「元々、頭皮が乾燥しがちでフケが出やすく悩んでいる。シャンプーする時はあまりゴシゴシ洗う方ではない」

では、もう一度繰り返します。

石鹸シャンプーは、確かに天然由来の成分を使用しているため、刺激が少ないのは事実。
しかし、洗浄力が高いため、頭皮の脂分を必要以上に洗い落としてしまう可能性がある。

利点が大きく目立つシャンプーですが、人によっては頭皮トラブルを招く可能性があるため、自分の頭皮の状態を知った上で、最終的に石鹸シャンプーを使うべきかどうかを判断することが大切なのです。

→若ハゲを防ぐためのシャンプーの選び方