現在あなたは、頭皮に「チクチクとした痒み」を感じてはいないでしょうか?

原因がはっきりとしないまま、爪でぼりぼりと掻いたり、痒みが収まるまで待ってみたり…そんな症状に悩んでいる方は少なくはありません。

周りの知り合いにも、たまに痒くなったりする人は居るし問題ないだろう

ちょっと時間をおけば痒みは収まってくるだろうし大丈夫

実は、頭皮の状態が正常であれば、チクチクかゆくなるといった症状は起こらないのです。

何が原因で頭皮がチクチクするのか?

では、なぜ自分の頭皮がチクチクと痒みを感じてしまっているのか。

その症状には、このような原因が関係しているのです。

頭皮神経痛

突然に、頭がチクチク、ピリピリといった普通の頭痛とは違った痛みを発症するのが頭皮神経痛です。

一般的な頭痛であれば、頭全体的に痛みを感じることが普通なのですが、頭皮神経痛の場合には「頭頂部」や「後頭部」などの部分に痛みを感じるといった症状が現れます。

痛む場所も普通の頭痛とは違いますが、痛み方も「チクチク」「ズキズキ」といった風に感じるのが特徴です。

その他にも、頭を洗った時や、髪の毛をセットしている時に突然痛みが発症するのも頭皮神経痛の症状なのです。

頭皮の極度な乾燥

頭皮がチクチクかゆくなる原因の1つに頭皮の乾燥も関係しています。

頭皮が乾燥するとどういった状態になるかご存知でしょうか?

皮膚が荒れて、いつもよりも痒みを感じやすくなってしまい、さらにはチクチクとした痛みや、フケも出やすくなるといった症状が現れるのです。

AGAの初期症状

AGAは、徐々に髪の毛が抜けていってしまうといった脱毛症ですが、その初期症状も存在します。

  • 抜け毛が以前よりも増えた
  • 昔よりも髪の毛が細くなった
  • 髪型をセットしにくくなった
  • 髪が濡れた時、地肌が目立つようになった

AGAの初期症状にはこういった症状が当てはまります。

特に温泉やプールなどに行ったときに、濡れた髪を鏡で見た時に、以前よりも自分の頭皮が目立っていると感じた時は、髪の毛も細くなっている可能性が高いです。

頭皮のチクチクがきっかけで薄毛が進行するケースは多い

 

頭皮のチクチクに関しては、頭皮の状態が正常な状態ではないことを示唆していると冒頭でお伝えしました。

頭皮神経痛や、頭皮の極度な乾燥が原因でそういった症状が現れている可能性が高いです。

しかし、24時間ずっとチクチクかゆいといった状態が継続しているのではなく、髪を洗った時や、髪をセットする時に症状が出るといったケースが多いため、頭皮の状態をほったらかしにしてしまう方は少なくはありません。

そのまま放置していると、将来的に頭皮はどうなってしまうか想像出来ますか?

チクチクとかゆいのは頭皮が正常ではないことを身体に伝えているサインです。
これを放置してしまうと、血管が収縮し頭皮に栄養や酸素が行き渡らなくなってしまいます。

結果的にそれらが原因で、髪の毛が細くなったり、頭皮の抜け毛が増えてしまうパターンは少なくはありません。

こういった頭皮の症状を「髪の毛に関する知識が無いから」「めんどくさいから」そんな理由で放置しようとしている方へ伝えたいことがあります。

AGAを発症している可能性があるのにもかかわらず、何も治療をしていないと薄毛はどんどん進行するばかりです。

薄毛が進行する度合いは、大きなふり幅で個人差があるため、いつ薄毛になってしまうのかは断定できませんが、何もしないのであれば時間の経過とともに髪の毛がどんどん薄くなってしまうのは間違いないでしょう。

まずは頭皮がチクチクかゆい原因を把握しよう

これまで、頭皮の状態についてチクチクかゆい症状が出るとAGAの可能性が考えられると説明してきました。

では一体どうすればよいのか?

何の病気か分からないのにどんな薬を投与すれば良いのか分からないのと同じで、原因が分からないことには、頭皮に対しても適切な対策をすることはできません。

AGAクリニックでは無料で頭皮の悩みをカウンセリングしてくれるので、これを利用するのも有効でしょう。