「ハゲたって生活に支障がでるわけじゃないんだから気にする必要ないじゃん」

このようなことを言う人は、薄毛の人の気持ちをわかっていません。

たしかに、薄毛そのものが健康に影響するわけではありませんが、薄毛による精神的なダメージは計り知れません。

平然を装っていても、1人で毎日毎日悩んで、それが続いて鬱やノイローゼになってしまう人も本当に珍しくないのです。

大げさではなく、薄毛による精神的被害は、薄毛になった人にしかわかりません。

鬱(うつ)とノイローゼの違いとは?

最初に言葉の解説をしていきます。

「鬱(うつ)」と「ノイローゼ」

どちらもよく聞く言葉ですし、同じようなイメージを持っているかと思いますが、この2つには違いがあります。

鬱(うつ) ノイローゼ
どのような病気か?脳の働きに問題が起きて気分が落ちる病気神経症
発症の原因 理解していない場合がほとんど 理解している場合が多い
感情コントロールできない
感情の起伏が激しいコントロールできる
食欲ほとんどなくなる
(急激に体重が減少する)なくならない
治療方法抗うつ剤精神療法
その他特徴朝に症状が重いことが多い
自分の存在を否定する発言が増える発症の原因を理解しているが解決することができない

ノイローゼよりも鬱の方が、深刻な症状が出る場合がほとんどです。

自分で発症の原因を理解できているか・理解できていないか、感情をコントロールできるか・コントロールできないか、この違いが大きいと言えるでしょう。

とは言え、どちらにしても深刻であることは間違いないですから、ハゲ・薄毛が原因で鬱やノイローゼになる前に対策をしておく必要があります。

また、もし上記のいずれかの症状に当てはまっていると感じたら、すぐにでも医師に相談するようにしましょう。

なぜハゲ・薄毛が原因で鬱やノイローゼになるのか?

 

鬱やノイローゼになる大きな原因として、悩みすぎること状況が改善していかないことが挙げられます。

薄毛のことを悩むなと言うのは無理な話です。

AGAが進行して髪の毛が薄くなってくることで、「友達にどう思われるんだろう…」「彼女ができなくなってしまう…」「海やプールに行きたくない…」などと思うのは自然なことです。

それくらい、男性にとって髪の毛は重要ですし、薄毛が進行して自信やエネルギーがなくなってくるのは当たり前のことです。

むしろ、悩んでいないと薄毛を改善しようと思うことすらないでしょうし、AGAが進行しているのに放置していたら、当然髪の毛はどんどん薄くなってしまいます。

なので、悩むこと自体は悪くないのですが、問題は悩みすぎること、そして薄毛が改善していかないことにあります。

自分1人で悩み続けないこと

薄毛はデリケートな問題ですから、誰にも相談することができずに、1人で悩み続けている人がほとんどです。

たとえ仲のいい友人であっても、付き合っている彼女であっても、髪の毛が薄くなってきた悩みを相談するのは非常に勇気のいることです。

勇気を出して相談してみたり、薄毛を隠さないというスタンスでいけるのならいいですが、無理にそうする必要はありません。

友人・恋人に相談したところで薄毛の改善はできない

友人や恋人に相談して、悩みを理解してもらうことで、多少気持ちは楽になるかもしれませんが、薄毛の改善ができるかと言うと、答えはNOですよね。

気持ちを理解してくれたとしても、残念ながら友人や恋人は薄毛の専門家ではありませんから、状況を改善してくれることはありません。

根本的に悩みを解決するためには、薄毛を改善する他に方法はありません。

そうであれば、自分よりも薄毛・AGAに詳しい人に相談した方が、状況が改善していく可能性が高いのは言うまでもないですよね。

解決策を示してもらえば必要以上に悩まなくなる

病気の専門家と言えば医者ですが、薄毛の場合も例外ではありません。

薄毛治療(AGA治療)を専門とする医者に相談して、解決策を示してもらう(治療してもらう)ことで、薄毛に関して悩みすぎたり、今の治療方法で正しいのか不安になったりすることがなくなります。

薄毛治療の専門家に相談した上で、治療を進めていけば、効果が出るまでのスピードが早いこともそうなのですが、何より、精神的な不安がなくなることが大きいです。

薄毛が改善するかわからない中1人で悩み続けているよりも気持ちが楽になりますし、状況が改善するとわかっているわけですから、鬱やノイローゼになる可能性はほとんどないと言ってもいいでしょう。

鬱(うつ)・ノイローゼになると治療するエネルギーもなくなっていく

utsu3

1度鬱やノイローゼを発症すると、ネガティブなことばかりを考えたり、正常な判断ができなくなってしまって、「治療する」という行動を取れなくなってしまうケースは少なくありません。

治療をしなければ、やはり薄毛は進行してしまいますから、さらに悩んで、でも治療はできなくて、さらにさらに悩んで、、という悪循環に陥ってしまいます。

特に鬱を発症した場合は、感情のコントロールが難しくなりますから、状況はどんどん悪化していくことになるでしょう。

そうなる前に、まずはAGA治療の専門家に悩みを打ち明けて、一緒に治療を進めていくことが、気持ちの面でも・効果の高さの面でも良いと言えます。

「ハゲ・薄毛が原因で鬱(うつ)やノイローゼになったらどうしよう…」と思っている今のうちに、まずは相談からしてみてくださいね。